はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

パンドラの箱が開く時

◆めるさん
 >悪い大人なんてこの世界にもはいて捨てるほどいるわよ、なんて思ってたんですが(^^;
物語構造としては、パンドラボックスは最終的に全責任を押しつけ可能な安全装置という感じで、割と戦兎を追い詰めていきたい気配は見えるので、人間の中の「悪」と「希望」を上手く描いてほしいなーと、期待しています。
 >それはそれで全員、素の人格が見えてないのかなと思うと(戦兎とか葛城さん混じってるかもだし?)
 >登場人物に思い入れを持つのがやや難しい...のが少し残念な点です。
確かに、こいつはとんでもなく酷い奴だ、と見ていたキャラが、惨劇の影響を受けただけで実は凄くいい人なんだ! という形で転がされると冷めてしまう所はあるので、うまい事、回避してほしいですね。