はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ルパンコレクションも強いもん勝ち

◆ゆーりさん
 >石油王がその作品のファンなので出資したみたいな話なのに、オリジナルスタッフが本編と変わらないクオリティで1話(尺としてはそれ以上)作ってしまったのは凄いですねぇ(笑)
キャスト勢揃いとかスーツとか、お茶を濁さず揃えてきたのがホント凄い話ですよね……。やるならアクションも怪人もみんなあってこそ、という。
◆五月サツキさん
 >タグのタイトル長いで笑ってしまいました(笑)。確かに長いですよね。ちまたではルパレンという略称が多用されているみたいですが。
タイトルを見る度に思う素直な気持ちがこぼれました(笑) ル「パ」ンと「パ」トレンが被っているので、普通に縮めるとパトレンがどこか消えてしまうのが難しいですよね……(^^;
 >ルパレンはその場でカードを投げるスタイリッシュ予告に昼間から盗みを働くとなかなかアグレッシブ。まあ普通に考えて夜の撮影は手間がかかるんですけど。
本当はイメージ的にも夜の撮影をやりたいのでしょうが、その辺はどうしても、難しそうな感じですね(^^;
 >約束及びルールの上で成り立っているの信頼関係の見せ方が香村さんらしい丁寧さです。
最初に人間関係や世界の「ルール」を提示する、というのはまさに小林靖子さんの得意な手法ですが、守るにしても揺らすにしてもドラマが生まれそうで、香村さんがどう転がしてくるのか、楽しみです。
 >本来の対象である子供たちからの印象的にも早めにフォローが欲しいところです。
ルパン一味が約束の為に「助けない」戦隊だとすると、警察トリオは任務を後にしても「助ける」戦隊になるのかもとも思えて、巧く格好いい所を見せてほしいですね。
 >ルパン三世やコナンを彷彿とさせるセリフやBGMもありましたが、やりすぎにならないといいのですが。
『ルパン3世』は、どうせ似ていると言われるなら先にやっておく、という感じもありましたが、変にネタに走りすぎるとちょっと心配ですよね……。
 >それにしてもルパンコレクションはいかにもプレシャスっぽくて、冒険者たちが乱入してくる展開を妄想せずにはいられません……。
追加戦士枠は我が道を行く探偵とかになるのかなと想像していましたが、敵にも味方にもなるコレクターとかも面白いかもですねー(笑)
◆tugさん
 >でもよく考えたらレジェンド枠とは言えやっぱり同じ他局の番組だし状況は変わらないという結論に(^_^;)
結局、法的にクリアなの? という点は一緒ですね(笑) 主要玩具の音源なので、バンダイの方でクリアという事ではあるのでしょうが……。
 >ですよね!なんか凄い事が起きたなぁと思います。
最初にガブティラを見せてくる事で、これは本気で『キョウリュウジャー』ですよ! というのは唸らされました。
◆八手四郎次郎さん
 >パトレンジャーのモチーフはもしかすると機動警察パトレイバーなんですかね。
快盗との対比を含めて、公権力ヒーローの苦労が描かれそう、と考えると『パトレイバー』は想像しますよねー。
 >てことは、やはりパトレンジャーも特車二課第二小隊と同様"島流し部署"ってことになるのかな...。
第1話で覚えた幾つかの違和感と、皆さんのコメントを読んでいたら、なんかその方が色々としっくり来る気がしてきました(笑)
 >パトレン1号の絶叫を見ていて、スクールウォーズの「悔しくないのか!」「悔しいです!」を連想したんですが、あの川浜高校も落ちこぼれ集団なんですよね...。
警察赤は確かに、スポ根ノリが入っていそうですね。そう考えると、警察緑がやたら先輩後輩の関係を強調するのも、階級社会の要素もあるのでしょうが、体育会系のイメージがあるのかもですね。