はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

今明かされるユウリの真実(仮)

◆kanataさん
 >同僚時代もいたはずですよね!? ファイヤー込みでも5人しかいない、今の方がたぶん少ないですよね!?
多分、アベルが呪いの手紙を送ったり靴に画鋲を入れたり、ユウリに近づく男に片っ端から嫌がらせを仕掛けたのではないかと。
結果、ユウリ「あ、あれ? 私、もしかしてモテない? い、いいのよユウリ、別にモテたくて警察に入ったわけじゃないのよ、男なんかにチヤホヤされなくたってやっていけるのよ私、ファイトっ」みたいな感じになったのではないかと(笑)
 >しばらく直人一色の流れになっていた中、タイムレンジャーの通常進行を再確認させておく意図もあったのでしょうね。
構成としては、クライマックス前に、単発エピソードで各人にスポット当てて(滝沢含む)、という所でしょうね。準備万端、引き締まった最終クールになりそうで楽しみです。
 >34話では地味に、直人の意識がかなり変化してきている姿も描かれていますが。
タイムピンクについてコメントしているのは、ちょっと面白かったですねー。
滝沢はもっと駄目な感じな人になるかと思いきや、予想以上にまとも。