はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

秘すれば花なり

◆橘まことさん
 >着ぐるみ芸の至高と言いますか、表情が変わらない分、こちらの感情が入ってより色濃く見える気がしますね。
まさに能であり神楽であり、この作品は東映ヒーローの行き着くべき場所としての「仮面ライダー」であったのだなぁ、と。
……いうのは今、思い至りましたが。
◆kanataさん
 >おまけにマヤがその「本気出した」魔王+ガンギブソンを蹴散らしてくため、彼女が強かった印象ばかり残ってしまうという……。
JPとGGも結局は満身創痍、という意図ではあったのでしょうが、結果的にマヤがえらく強く見えてしまったのは大失敗ですよね(^^; まあマヤも、存在感うすーくなっていたので、ちょっと目立たせたいというのはあったのでしょうが……。
 >予算、足りなかったんですねって。……メタ的な意味では、本当に予算のせいだったかもしれませんけど(汗)
資金力が帯刀さんの売りだったのに! というか、今後ちゃんと会社経営できるのか、若干気になります(笑)
 >このどんでん返しにはビックリしました。なるほど確かに、良太郎の記憶の方が間違っていたら前提が変わる。
ほぼ無条件で信用できそうなキャラクターを配置しておいてこれですからねぇ、いやはや、やられました。