はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

FE覚醒

『FE覚醒』プレイ録・最終話「運命を超えるもの」

隣国のお誘いに応じて遊びに行った王子一行。もちろん罠……というレベルではなく、予想外にストレートな襲撃を受けて、こちらも潜ませていた部隊と共に脱出をはかるという、実にわかりやすい殴り合い。首尾良く脱出に成功したかと思われたが、その前に闇の司…

『FE覚醒』プレイ録・第10話「ピースメーカー」

西の大陸への遠征終了。 最後は筋肉が突然、敵の皇帝に向けて 「俺も姉さんもおまえも、“人を信じる”という心は同じ筈。俺たち一緒にやれたんじゃないのか?」 みたいな脈絡のない事を叫びだし、 「いや、我、そんな事言った覚えはないんだが」 と全否定され…

『FE覚醒』プレイ録・第9話「不憫な娘と愉快な仲間達」

「剣殺しの剣」を拾う度に、「皆殺しの剣」と読んでしまうのは私だけでしょーか。 さて、自然発生の屍兵の相手をしている内に、リズの子供を回収するのを忘れそうになったりましたが、子供世代が勢揃いしたので、閑話休題でご紹介(五十音順)。 ◇アズール …

『FE覚醒』プレイ録・第8話「収穫の日」

友好度上げの為だけの戦闘を延々とやっていると、少し不毛な気持ちになってきますが、軍師様に踊らされ、次々といい感じになっていく自警団員達。全ては、ビッグイーリスの為に! ところで支援会話、今作、特定の異性キャラとのSランク成立後も、他のキャラ…

『FE覚醒』プレイ録・第7話「残酷な真実の扉」

今作、敵の高レベル飛行部隊が結構厄介で、おまけで育てていたヴィオールがえらい活躍して、少し困っている(笑) 産めよ増やせよ地に満ちよ計画によりティアモとくっつきましたが、支援会話はちょっと微妙だったなぁ……次回また誰か、他のキャラを検討しよう…

『FE覚醒』プレイ録・第6話「若さゆえの過ち」

※今回から、大きなネタバレ部分に触れるので、未プレイの方はご留意下さい。 −−−−− 軍師is火計、火計is軍師。 実はペレジアから借りてきた船に何か仕掛けてあって、王子様達、漂流、みたいな可能性も考えていたのですが、そんな事はありませんでした。他人の…

『FE覚醒』プレイ録・第5話「自警団に戦慄走る」

王子が軍師様に走ったので、スミアがダークペガサスになるという、必然性溢れるクラスチェンジ。 というわけで、主力メンバーのレベルがだいぶ詰まってきたところで、クラスチェンジアイテムもぼちぼち貯まってきたので、一挙に転職ラッシュ。 −−− クロム:…

『FE覚醒』プレイ録・第4話「衝撃3連発」

筋肉王子、「実は俺、姉さんの理想とか信じてなかったんだよね」と告白。 ……まあ、見るからにわかってはいましたが、敵とか憎しみに任せてぶった切るべきだよね派だった自分を反省。 しかしこう、あまり幕間の会話が長すぎるのもテンポ悪くて好きではないの…

『FE覚醒』プレイ録・第3話「強殖装甲」

北国との同盟を終えた王子様が帰国すると、何かと嫌がらせを仕掛けてくる西の隣国ペレジアの謀略により、自警団の一員にして貴族の娘が拉致された上で不法入国の疑いをかけられて賠償金を要求される、という事案が発生。女王陛下自ら交渉に赴くも……色々あっ…

『FE覚醒』プレイ録・第2話「胸の高鳴り、筋肉の声」

3章をクリアしたら突然買い物が出来るようになったのですが、いつの間にかマイユニットが自警団の財布の紐を握っていました。 恐ろしい、恐ろしいゼ軍師様……。 まあ今のところ貧乏なので、うまい汁より面倒くさいやりくりを押しつけられた感もありますが。 …

『FE覚醒』プレイ録・第1話「軍師様、拾われる」

『プロジェクトクロスゾーン』がそろそろ終わりそうなので、『ファイアーエムブレム〜覚醒〜』を始めました。 以下、適当かつ大雑把でゲームの中身次第のプレイ記録です。発売から約2年経っているという事で、物語内容のネタバレをそれなりに含みますので、…