はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

SF

『あなたの人生の物語』(テッド・チャン)、読了

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)作者: テッド・チャン,公手成幸,浅倉久志,古沢嘉通,嶋田洋一出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2003/09/30メディア: 文庫購入: 40人 クリック: 509回この商品を含むブログ (401件) を見る久々に、最近の作家を読んだ! ……

『渇きの海』(アーサー・C・クラーク)、感想

渇きの海 (ハヤカワ文庫 SF ハヤカワ名作セレクション)作者: アーサー・C・クラーク,深町眞理子出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2005/07/21メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 9回この商品を含むブログ (67件) を見る 月面の真空世界において、極めて粒子…

『人形つかい』(ロバート・A・ハインライン)、読了

巨匠による、侵略SFの古典。 アイオワ州に降り立った、国籍不明の未確認飛行物体。調査に向かった捜査員が6人も行方不明になるという事態に、秘密捜査組織の局長、自ら調査に乗り出す。そこで判明したのは、アイオワ州の一部が、まるでナメクジのような姿…

童心に帰る

通りすがりの古本ワゴンセールで400円平均ぐらいで銀背が大量に並んでいるのを発見して、久々に超真剣に吟味してしまう。『シマックの世界』とか400円で売っていたけど、それは持っていた……2巻目だったら欲しかったのになぁ。買うほどの掘り出し物は…

明日の世界

■〔中国、臓器移植「死刑囚が供給源」 衛生省次官/日本経済新聞〕 リアル「ジグソー・マン」(ラリィ・ニーヴン)の世界。

1ヶ月ぶり

SF部屋をさぼっていたけど、更新。 〔http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/8185/sf/sf033.html〕 メモもいいところ。

2011年を振り返る:読書&SF編

今年の大きなトピックは、 ◆本棚を買った ◆蔵書をリスト化した ◆本棚を買った ……おかしくないですよ、本棚3つ体制ですよ。 そんなわけで長年の懸案だった、貯めに貯め込んだSFの蔵書をずらりと並べられるようになりました。引っ越しの際にけっこう本を処…

2週間ばかり、さぼっておりました

SF読書部屋、更新。 〔http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/8185/sf/sf.html〕 今回は、『超越の儀式』(クリフォード・D・シマック)。

更新、忘れていた

今週は、『スキズマトリックス』(ブルース・スターリング) 〔http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/8185/sf/sf.html〕 『蝉の女王』の短編群の方が、わかりやすくて面白かった。

面白かった

更新していたのに書くの忘れた。 ■〔SとFの部屋〕 今週の1冊は、『蝉の女王』(ブルース・スターリング)。 当たりの短篇集でした。 現在、同じ世界観の長編『スキズマトリックス』を読書中。

今週のSF部屋

■〔SとFの部屋〕 『時間のかかる彫刻』(シオドア・スタージョン)。 先週更新するの忘れていた……。

今週のSF部屋

■〔SとFの部屋〕 今週は、『月を売った男』(R・A・ハインライン)。

今週のSF部屋、更新

『パンドラ効果』(ジャック・ウィリアムスン)。 ■〔SとFの部屋〕

SF部屋

本日のSF部屋は、『宇宙市民』(ロバート・シェクリイ) ■〔SとFの部屋〕

今週のSF部屋

『大きな前庭』(C・D・シマック)『輪廻の蛇』(R・ハインライン) ■〔SとFの部屋〕

短篇集の怪

3冊連続で、既に読んでいたものを読んでいるっぽい……。 いや1冊目は、明らかに読んだ記憶はあるけど最後まで読んだか自信がない(→全部読んでいた)、2冊目は、微妙だが多分読んでいない(→ばっちり読んでいた)、3冊目は、これは読んでいない筈(→嘘、…

今週のSF部屋更新

『伝道の書に捧げる薔薇』(ロジャー・ゼラズニィ)と、「SFマガジン1987年10月号」。 ■〔SとFの部屋〕

今週のSF部屋

『地球帝国秘密諜報員』(ポール・アンダースン)、『銀河ヒッチハイク・ガイド』(ダグラス・アダムス)、の2冊。 ■〔SとFの部屋〕

今週のSF部屋

『タイムパトロール』(P・アンダースン)と、「SFマガジン1987年5月」号。 ■〔http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/8185/sf/sf.html〕

今週は3冊更新

〔http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/8185/sf/sf.html〕 『分解された男』(A・ベスター)、『一角獣・多角獣』(T・スタージョン)、「SFマガジン1984年10月号」。

逃した魚の話

古書店巡りをしていたあの頃、もっと古い『SFマガジン』を入手しておけば良かった、というのは未だに勿体なかったと思う事の一つ。 まあ、基本、興味のベクトルが海外SFに大幅に偏っているので、海外SFの比率の多い号で無いと買いにくい、という事情も…

今週のSF部屋

今週は、閑話休題。 1週お休みして、ここまで10回分の軽いまとめなど。 〔http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/8185/sf/sf.html〕

今週のSF読書

『ホラーSF傑作選 影が行く』。 http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/8185/sf/sf.html かなり当たりのアンソロジーでした。

読書メモ

今読んでいる、『ホラーSF傑作選 影が行く』(東京創元社)が、なかなか粒ぞろいで、良質の短編集。 表題作は、映画『遊星より(から)の物体X』の原作として著名であり、SF史にその名を刻む大編集者ジョン・W・キャンベル・ジュニアの代表的な中編。 …

今週のSF読書感想

アーサー・C・クラークの長編2作。 『地球光』と『海底牧場』。 http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/8185/sf/sf.html

『海底牧場』(アーサー・C・クラーク)、読了

海底牧場 (ハヤカワ文庫SF)作者: アーサー・C.クラーク,Arthur C. Clarke,高橋泰邦出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2006/09/01メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 56回この商品を含むブログ (39件) を見る 人類が既にその領域を金星までも伸ばしていた21…

更新日を変える

生活パターン的に、月曜より日曜の方が良さそう、という事で、SF部屋の更新を今日から毎週日曜に変えてみました。 ……また変わらないとは、言い切れませんが。 ■http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/8185/sf/sf.html 今週は、『変化の風』(アイザ…

今週のSF

〔http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/8185/sf/sf008.html〕 『逆転世界』(C・プリースト)を読了。 そろそろもう少し、文章をもうちょっと書きたい所ですが、本末転倒になってもまずいしなぁ。

今週のSF

『地球人よ、警戒せよ!』(ポール・アンダースン)、読了。 〔http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/8185/sf/sf.html〕 あんまり書く事無かった……。

今週のSF部屋

『ゴールデン・マン』(フィリップ・K・ディック)。 とりあえず1ヶ月やり遂げた。 〔http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/8185/sf/sf.html〕 次は久しく読んでないティプトリーでも行こうかなぁ、そろそろ何か長編を挟もうかなぁ。