はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

仕事

日本の科学技術で何とかならないかなと思う事

蛍光灯の交換 高い天井に業務用の長いのがついているので、店の蛍光灯を交換するのが毎度毎度割と大変です。なんかこう、もっと簡単にぱちっと外せて、ぱちっとはまるようには出来ないものか。 ……はっ、もしかして、今時の店舗はもっと簡単になっていたりす…

4月のテーマは「侍」です(並木書房)

書店には日々いろいろな出版社から、必要なものから全く必要でないものまで結構な量のFAXが送られてくるのですが、たまに面白いものがあります。 本日は、久々にヒット作発見。 使ってみたい武士の作法 (杉山頴男) 武士はなぜ刀を二本差すのか?なぜ腹…

凄い時代だ……

問屋から来た新商品の案内のFAXで見たのですが、こんな凄いトレーディングカードゲームが出ているらしいです。 地球環境トレーディングカードゲーム マイアース (公式サイト) 何が凄いって、 地球守護プレイヤー vs 環境破壊プレイヤー って所が凄い…

年明けに思う

「赤マルジャンプ」の表紙は、もう少しわかりやすく、ジャンプじゃないよという事をアピールしてほしい。 特に今回、「赤マル」表記より通常の週刊誌と同じロゴの方が大きいし、表紙は『トリコ』だし、厚みもそんなでもないし、間違えて手に取る人多数なので…

閃きました

例年、大河ドラマの関連書籍というと、始まる前の12月〜せいぜい2月ぐらいまでが最盛期なのですが、今年はなんと夏を越えて秋に入っても原作本が売れるというぐらいに『篤姫』が異例のヒットを飛ばしました。 そんなわけで、二匹目の泥鰌を狙って、直江兼…

年末のお約束

「無地の年賀状はないの?」 ありません。 (郵便局へ行け) 「カレンダー、これだけしかないの?」 あるだけになります。 (11月から置いています) 「○○の家計簿はもうないの?」 すみません、売り切れになります。 (11月から以下略) 「手帳はここに…

教授と愉快な読み間違い

売り場に並んでいたこの新刊を見て、 [rakuten:book:13083089:image] 『レイトン教授とコカインな事件』 と読み間違える。 やっぱり薬でキメているのか、英国紳士として。 とか普通に思ってしまいました。

ボンボンは大きくなった、ブンブンは小さくなった

長らく、『コロコロ』一人勝ちが続く低年齢層向け漫画雑誌の業界ですが(今、ちょっと『ケロケロエース』が頑張ってきてはいる)、その『コロコロ』の好敵手であった『ボンボン』が、 部数低迷→巨大化→やっぱり討ち死に というルートを通ったのは、記憶に新…

『マガジンZ』来年1月で休刊

という話を今し方聞いて、全然耳にした記憶が無いなぁと思って確認したら、どうも月刊『現代』の休刊と同時期に発表したらしく、そちらに紛れて話題になっていなかった模様(^^; まあ、『マガジンZ』自体は、雑誌が売れるわけでもなく、コミックスが強い…

この分野には、18禁というカテゴリが実は未だにない

故に自主規制。 なのですが、ところで『D.C』(シリーズ)って、業界的にビッグタイトルなのでしょうか? これのノベライズが結構な巻数出ているのですが、非常に回転率が良いのです。18禁ゲー発ノベルスでは、圧倒的に一番売れている気がします。まあ…

本屋ちょぴりいい話

ひいき目に見て高校生ぐらいの(こういう中学生も居ない事はないよなぁというぐらいの)男の子が、フランス的美少女文庫(ソフト風味)と、18禁ゲームのノベライズものを1冊ずつレジに持ってきて(まあそのぐらいは時々ある)、 「贈り物にしたいので、包…

最近ちょっと思う事

『ケロケロエース』なる雑誌がありまして、まあ角川版コロコロみたいな立ち位置で、ごつい付録付きで、大怪獣ウルトラバトルと提携したり、『ケロロ軍曹』とか『ガンダムさん』のスピンアウト漫画とかが掲載されているのですが、これを読む少年層の中でその…

たぶん、ひさびさに、目が点になった

度々思うのですが、人間、あまりぶっとんだ事を言われると思考が停止する、というのは、あれホント。 過日、とあるお客さん(50から60過ぎ?)とのやりとり。 客「『○○○』(雑誌名)というの探しているんだけど、ある?」 「少々お待ち下さい」 (探索中…

『ぬらりひょんの孫』

配本数見た時点で、「ああ、これは駄目だろう」と思ったら、案の定、昼まで保たずに瞬殺。 これは久々に、当月中即重版かかるか……?! 一方のライバルコミックスは、『モンスターハンターオラージュ』以外も、それなりの数が入ってきました。売れるといいけ…

ヤングサンデー終了、そして……

結局、主な所がスピリッツにテコ入れ移籍で、始末のつかない残りは増刊誌を新設、ほとんどのマンガが何らかの形で継続、という思った以上の軟着陸。 ホントはもっとぶった切るつもりだったのが反響を見てこうなったのか、ある程度最初から温情処理の予定だっ…

スクエニの営業さんの言う事には

最近流行りの黒いのが、アニメ化決定らしい。 熱い内にとりあえず作戦らしい。まあ最近は、好評ならセカンドシーズンとか幾らでもありますしね。 あと、8月下旬までは箝口令しかれているので明かせないが、「驚くようなものが決まっている」とか、思わせぶ…

ちなみに私の考える、小売り実用三大接客英語

上のが訳せなくても、これだけ喋れればけっこう大丈夫!(効果には個人差があります) 1・「ぷりーず わんすもあ」 2・「そーりー あい きゃん すぴーく いんぐりっしゅ あ りとる」 3・「そーりー (じす いず) そーるど あうと」特に3番重要ですよ! …

『RAINBOW』は来年春にアニメ化予定

来年春っていつだよ?! という最近ありがちな情報先行パターンですが、本当にアニメ化か! これで原作は安泰で移籍っぽいですが、色的にはスピリッツ辺りかしらん。 ちなみに、小学館だから大丈夫だとは思いますが、時折、「TVアニメ化」って情報だけ先行…

ようやくというか

『とある魔術の禁書目録』アニメ化決定。 何度かネタにしていますが、実を言うとアニメが楽しみとか作品を特に推しているとかそういうわけでは別になく、これは間違いなくアニメ化するだろうなぁと思って売り場にちょっと数を増やしている手前、してくれない…

サイトといえば

調べたい事があって、出版社のサイトに行ってflashのローディングとか始まると、パソコンを投げ飛ばしたくなります(笑) 客が待っているのよ、客が。 前にもちょっろっと書きましたが、基本、出版社のサイトなんて書店にしろ一般の人にしろ“情報を求め…

あらまあ

〔週刊ヤングサンデー休刊へ/SANSPO.COM〕 本決まり、だそうです。 「7月31日発売号で休刊」……って、あと2ヶ月じゃ『暁のイージス』終わりませんよ?! 人気作に関しては移籍先の調整をしている(し終わった?)のでしょうけれども、長さ的にも人気的に…

アニメ化メモ

『無限の住人』『餓霊』『夜桜四重奏』、と。 『無限の住人』は並べるのが大変だなぁ…… 今季作品では、『ROOKIES』『ソウルイーター』『我が家のお稲荷様』あたりが、出足好調。

休刊のフシギ

一昨日の話の関連になりますが、どういうわけか、休刊号というのは、表紙を見ただけではわからないものが多いのです。 時々、ネタにしてやれみたいな勢いで表紙から大きく「休刊」の文字が踊っているようなものもありますが、比率的には間違いなく、表紙を見…

賞と商売

小説の場合、受賞作が何かで書店は右往左往させられ発表翌日には本に受賞作の帯がつけられていますが漫画の場合、売り上げに繋がるイメージってないですね。実際、直木賞や芥川賞などの選評委員のコメントも漫画賞のそれと変わらないくらい説得力に欠けるも…

いつの間にやら

『ワールドサッカーマガジン』と『ワールドサッカーダイジェストエクストラ』が、休刊になっていました。全く気付いてなかった。 ところで、休刊する雑誌があれば創刊する雑誌もあるわけですが、身の回りの野球ファンで誰か『ベースボール・タイムズ』(公式…

もう悪い事はできません

警察に指紋を採られてしまいました。 ……や、拾得物とか何やかやの書類に判子が無かったので、指印を押したという話なんですが。 警察の書類に押すとなると、やはりドキドキしますね。 しかもまた、向こうの携帯しているインクパッド(黒/赤)がね、くっきり…

『とらドラ!』アニメ化

いやホント、次から次だなぁ。 ところで、この4月から角川グループの組織変更が更にありまして、アスキー・メディアワークスなんていう、略しにくいことこの上ない社名が出来たわけですが、電撃文庫のスリップが、突然紫色になっていて、一瞬ギョッとした書…

春だから週末だから

もとよりそれほど広い商圏ではありませんが、週末となるとやはり、得体の知れない、もとい、滅多に見ない客なども来るわけで、面白いほどに大概、頭痛率が上がる事になります。 客商売やっていると痛感するのは、ある集団には必ずあるパーセンテージ、変なの…

おおー

『七瀬ふたたび』(筒井康隆)、10月からNHK総合で連続ドラマ化。 だいぶ先の話ですが、メモも兼ねて。 主演の蓮佛美沙子さんとやらは想像すら出来ませんが、七瀬といえば、こちらの業界(どこの業界?)では共同幻想的美少女ですから、相当綺麗所なの…

また増えますか

問屋の情報誌見ていたら、一迅社(ゼロサムコミックとか出している所)がライトノベルに進出だそうです。 その名もずばり、「一迅社文庫」(仮称?)。 で、情報誌に載っていた紹介の文章が以下なんですが(原文まま) ライトノベルといえば、「独特のアク」…