はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

レス

快盗マジック

◆あきさん >初美花の察しの悪さや迂闊さにしょっちゅう溜息ついてたし、初美花のせいで敵に見つかった時なんて敵に囲まれた状態で拳骨ふりあげてましたもん。 ドジな妹分から背中を預けられる同志……になっているのかは微妙なところもありますが、嫌でも積み…

現実と理想のビルドアップ

◆鷹Deさん >序盤から存在していたけど皆気にしていなかった粗が目につきまくってしまうという勢いありき作品にありがちな着地を見せているのがしんどいですね。 「より大きな謎」で興味を引きつつ、こっちの雑さはこっちでカバーみたいな手法で走っていた作…

大探検

◆スピリットヒューマンさん >これが素なのか計算してやっているのかさくらさんがさくらさんだけに判断しがたいのですが、さくらさんは結構好きなキャラなので、頑張ってほしいです(笑)。 お嬢様設定もあるので、恐らくは素ですよね……(笑) >戦隊の映画は…

愛と善意とサイボーグ

◆五月サツキさん >ついに猿渡が退場しましたが、万丈の「何でそんな危ねえもん使わせたんだよ!」に頷くしかないです。何で、も何もないです。やっぱり万丈の方が主人公っぽいというか。 戦兎さんなんというか、最終盤にして「後頭部を思い切り鈍器で殴った…

集中力!!

◆輝剣さん >宿命を拒むことをある意味ここまで視聴者の感情に沿う形で提示するのは珍しいですね この運び方は、従来の殻を破る感じも含めて、面白いアプローチでしたね。塚田P作品だと、『マジ』は最初から全肯定型でしたし。 >チームメイトを管理したが…

いざ終幕へ

◆Nさん >いつも脚本が多少アレでも面白い画づくりで完成度を保ってきた上堀内監督の演出が完全に裏目に出た印象です。 演出で盛り上げたい意識は当然なのですけど、監督が大仰かつ深刻に撮れば撮るほど、展開の茶番感が上がってしまうという、新型の地獄に…

降りてこないので本日レスのみ

◆KEYさん >初めてコメントさせて頂きます。 はじめまして。ありがとうございます。 >ビルド、視始めた時は地味にエピソードを積み重ねていく手堅い造りの作品なのかと思っていたら……。 序盤は戦兎と万丈の関係に軸を置いて割と丹念にやっていたのが、そこ…

パンドラタワーの謎

◆MOPさん >内海くんを改造手術したのは忍さんでしょうね。エボルトはなんで内海くん生かしておいたかな? エボルの背景に葛城父が居たとなると、そうなりますよねー。とすると、桐生戦兎は葛城巧を死なせない為などの理由で父が作ったサイボーグだった、…

陽川咲也は侮れない

◆島嶋さん >咲也演技説がさりげなく復活していて嬉しいですwなんとなくそれぞれの役割が見えてきている中、咲也は本当にどう着地するのか全く分からないw 分解していたら、あれ咲也、こいつ出来すぎなのでは……?という気がしてきてしまいまして(笑) なん…

はたらくひとになりたいな

◆八手四郎次郎さん >「お調子者(そのぶん要領も良い)」の咲也が「一本気(ゆえに上司との衝突も辞さない)」な圭一郎をなだめる、という展開にすれば良かったんだと。 この辺りが、「堅物な仕事人間」である圭一郎の、表現の難しい所ではありますね。いっけん…

踊りのパワー 爆発する

◆輝剣さん >ゲキレンジャーの男衆の中で一番父親適性が高そうですよね、ゴウ。レツの親代わりだったのは伊達ではないようです。 ジャンの為にも怒っていたり、いい男ではあるんですよーゴウ。もう一つ、それが活かされないのが勿体ないのですが。 >…明らか…

宇宙の猛虎魂

◆タイキさん >実はこのギガライノス、ギガフェニックス、ギガバイタスは前作「メガレンジャー」の続編として構想されていた >「ギガレンジャー」で登場する予定だった宇宙探査ロボの没案を流用したもの もともと宇宙レベルの話にしても、なんか妙なライン…

師匠の道が行方不明

◆スピリットヒューマンさん >なお、パイロット版の監督は全世界の予想通り、田崎さんだそうです(笑)。 平成ライダーの、“面倒くさそうなパイロット版”担当ですものね!(笑) >これで20作品中12作品でパイロット版を担当したことになるわけですが ああ、多…

西村黄門派

◆MOPさん >オーブルーも角さんですよ。ジイも含めてトリオ・ザ・角さんが劇場公開時の売りだったはず。 あああ、なんかこんがらがってました! ありがとうございます。そして私も、思いっきり格さんの字を間違っていた事に気付きました(笑) けっこう粗…

今血盟すれば幻獣ポイントが3倍!

◆タイキさん >どうせなら勇太じゃなく婚約者の居るハヤテに恋のアドバイス聞けば良かったのにと思わなくもないです。 サヤもですが、何故かハヤテには恋愛相談しないんですよね(笑) ハヤテの婚約者も女神属性なのでしょうか……。 ◆solさん >アクションと…

強さを求めて三千回(ガチャ)

◆スピリットヒューマンさん >ホント、下手に出さない方が良かったですよね。個人的には仮にも成人男性(精神的にはなつめより下ですが)に一晩預けるというのもどうなのと思いました。 こんな出し方なら、真咲夫は存命なのかも含めて謎のままで良かったですよ…

監督の金言

◆輝剣さん >OP前にライモンを持ち上げていたのと劇中で振るった戦闘力で親分の態度変化にも説得力がありましたね。 色々な事の説得力として、ライオンがとにかく強い、というのがたっぷり時間と手間暇かけて描かれたのは今回凄く効果的でしたね。 >今ま…

ほだし系の男?

◆八手四郎次郎さん >"お友達作り"はどうにも下手くそなのに「地位・権限を盾にした関係性」だと水を得た魚状態になる高尾ノエル この辺りも、出自に絡んでいるのかどうか……。 >咲也って実は警察戦隊最強なんじゃね?とも思えるんですが...。 咲也はなんだ…

チャーシュー麺ギンガの森風

◆さやまきさん >サヤは演技の微妙さが怪我の功名か?かえって上手く騙せた感じで 冒頭の花言葉ネタからも、そんなわけはないだろうと思いつつ、「あれこの子、本気で疑っているのでは……」と絶妙に不安を誘う演技でしたね(笑) >モブで被害に遭った女子と…

銀鎧王

◆タイキさん >今作はギンガイオー合体で当初の五星獣のみの巨大戦が継続不可能になった時点でその辺は諦めたのかもしれないですね。 たまに生星獣が活躍する時とのテンションの差を見ると、それはありそうですね(^^; >ここでゴウキが「ギンガの森風」…

超絶合体ム

◆五月サツキさん >言ってることやってることはまさに悪役でしたが、復讐にとり憑かれた戦士としてはある意味同然のことで。 これを徹底的に描いた事で、復讐の重さとギンガマンとの対比、それを越えた最後の戦いが、本当にドラマチックになって素晴らしかっ…

大胆不敵ジャーニー

◆wander_sheepさん >40話にて戦兎は猿渡にネビュラガスを中和するキックを浴びせておけばいいものをそれはしないし 本当に死んでほしくないなら、問答無用で蹴り飛ばすべきですものね。たとえ「地球が滅びるかどうか」の瀬戸際だとしても、猿渡は戦線離脱さ…

アインシュタイン交点

◆五月サツキさん >真墨には菜月がいましたが、理央様がメレの存在の大きさに気づくのはいつになるのか楽しみです。理央様はへたれないで欲しいです。 別の作品ですが、改めて、真墨が菜月を拾ったのは天佑だったのだなぁ……と、しみじみしますね(笑) 理央…

2人のメモリー

◆ネオーンさん >ウジウジ悩んで基地に籠ってばかりでロクに行動しなかったり、スタークに何度も騙されている印象しかありませんでした。 「一度スタークに騙されたから次は気をつけよう!」とか「その問題は解決したから次はきっぱり否定しよう!」とか、そ…

8月……!

◆久仁彦さん >誤訳・珍訳が数多いくせにNPCのロボに「航海士君」というセンスの利いたネーミングをぶつける訳がやけにツボです。 ことわざ的な言い回しを直訳した……? みたいなのがちらほらある中、時折、凄くセンスのいい日本語になっている時ありますよね…

知恵袋の明日はどっちだ

◆輝剣さん >というかブドーはともかく、貴方まで姪っ子に智謀で負けているのは、どういうことなの、樽爺! ……なんか色々な意味で、姪っ子の方が優秀な感じしますね(笑) 考えてみると樽爺、ここまでやっている事は、蘊蓄の披露と行動隊長への愚痴と、慌て…

黒と赤

◆やずみさん >この辺りからレッドの決戦場への乱入まではいいシーンだったと思うのですが、 旧世代の因縁をそのまま引き継いで戦うのが正義、みたいな事を割とやってしまう中で、そこバッサリ切ってきた所は、かなり今作の見方が変わるシーンでした。 >レ…

さらけ出せるか出せないか

◆八手四郎次郎さん >圭一郎×魁利に加え、つかさ×魁利も"熱血教師×非行少年"という構図を打ち出してきた今エピソードですが、 >面白いのは快盗チーム最年少であるはずの初美花との関係性だと圭一郎・つかさ両名とも"対等(むしろ初美花の方が優位)"になっち…

ライモンちゃんの本気

◆tugさん >トッキュウジャー好きなのに、夏映画を見落としていたことに気づきました!見なきゃ。 本編お好きなら、楽しめる出来だと思います。 >6号の決め台詞「俺の死に場所〜」を、都度ダメ出ししてくれる所も好きなんですよね。 >夢と希望に溢れていて…

激臨のパワハラ

◆輝剣さん >命を助けられても「あいつと俺との一対一の勝負」と虚勢を張れるという造形は特異でしたが… いっそこの路線で推し進めればまた違った面白さになったかもしれませんが、後半突然、よくある自暴自棄タイプになってしまうので、色々なちぐはぐさが…