はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

殿

超高速関ヶ原

◆『侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 −天下分け目の戦−』◆ (監督:中澤祥次郎 脚本:小林靖子) 「時は、平成21年――夏。外道衆の中の外道衆、腐れ外道衆の大軍が、此の世に侵攻。その数、およそ1万。率いるは、腐れ外道衆の頭目、脂目マンプク。此の世を守ら…

金の寿司、銀の寿司

◆『帰ってきた侍戦隊シンケンジャー−特別幕−』◆ (監督:柴崎貴行 脚本:小林靖子) 「私とした事が……。危うく格好良く死ぬとこだった」 『侍戦隊シンケンジャー』(2009)放映終了後の、番外編Vシネマ。先日、『仮面ライダーアクセル』で深傷を負いま…

『侍戦隊シンケンジャーvsゴーオンジャー銀幕BANG!!』

近所のレンタル屋に入荷していたので、つい借りてみました。 見所は、ノースリーブだったりサラし巻きだったり、やたら肌色をアピールする源太。……源太、何と戦っているのだ、源太。姐さんの稀少なスカート姿が霞む勢いだよ源太! どだい約1時間で13人を…

『侍戦隊シンケンジャー』感想・番外編

『侍戦隊シンケンジャー』20−21−22話の間に起こった出来事を描く、『仮面ライダーディケイド』との特別コラボ編。最終盤で1話だけ柴崎監督が『シンケンジャー』に参加したのは、この時の監督だったからだそうで。 ◆『仮面ライダーディケイド』第24…

『侍戦隊シンケンジャー』感想34

◆第四十八幕「最後大決戦」◆ (監督:中澤祥次郎 脚本:小林靖子) 遂に働いたと思ったら、反動でしばらく回想シーンしか出番がありませんでしたが、いよいよ御大将ふっかぁーーーーーーーつ! というわけで今回も、サブタイトルの所から劇へ繋がるBGM。 …

『侍戦隊シンケンジャー』感想33

◆第四十七幕「絆」◆ (監督:中澤祥次郎 脚本:小林靖子) ひたすら剣を交える丈瑠と十臓。 ――嘘だけでは、決して嘘だけではない筈…… (それでも、嘘は嘘だ。俺には、これが……) 爺の言葉を振り払うように剣を打ち合わせ続ける丈瑠の元へ走る、茉子、千明、…

『侍戦隊シンケンジャー』感想32

確認の為にちょっと45話を見返したのですが、広間での一同話し合い最中、 「影武者を立てたのは、封印の文字の件は勿論、シンケンジャーの柱である志波家の、まさに最後の1人を隠し、19代20代と、次への柱が太く育つのを待つ為だった筈」 という彦馬…

『侍戦隊シンケンジャー』感想31

◆第四十五幕「影武者」◆ (監督:加藤弘之 脚本:小林靖子) 「まさか……こんな形で……」 突然の姫――真の志波家十八代目当主――の登場に動揺を隠せない彦馬。 「彦馬さん……殿様は、殿様ですよね?」 「丈瑠は……あの女の子の、影武者ですか」 一足早く帰ってきた…

『侍戦隊シンケンジャー』感想30

◆第四十三幕「最後一太刀」◆ (監督:竹本昇 脚本:小林靖子) 前回の大爆発による気絶から目を覚ました源太は、すぐ近くに十臓が倒れているのに気付く。ここで十臓を仕留めてしまえば地獄が出現する事も無いし、丈瑠に危険が及ぶ事もない……寿司チェンジャー…

『侍戦隊シンケンジャー』感想29

◆第四十二幕「二百年野望」◆ (監督:竹本昇 脚本:小林靖子) 同じ海岸で続けてアヤカシが暴れた事に引っかかりを覚えた彦馬は、これまでアクマロとその配下のアヤカシが活動した場所を地図に示してみる……が、見事にバラバラだった。 手元だけを映してマー…

『侍戦隊シンケンジャー』感想28

◆第四十一幕「贈言葉」◆ (監督:渡辺勝也 脚本:小林靖子) 外道衆総大将・血祭ドウコクの恐るべき強さを目の当たりにし、まともに戦っては勝ち目が無いという現実を噛みしめるシンケンジャー。これまでの戦いを経てきた事により、「正直、それなりに何とか…

殿様は突っ慳貪

■〔『侍戦隊シンケンジャー』感想まとめ1〕 『Gレコ』と取っ組み合っている内に宿題の消化をすっかり忘れていたのですが、気分転換も兼ねて昔の感想を読み返した勢いで、遅ればせながら『シンケンジャー』のまとめ1(1〜13話)。 終盤戦突入という所で…

『侍戦隊シンケンジャー』感想27

◆第四十幕「御大将出陣」◆ (監督:渡辺勝也 脚本:小林靖子) 稽古中、千明の変則的な動きにこれまでになく追い込まれた丈瑠は、荒い剣技で千明を退けるが、その様子に違和感を強く持つことは。 「茉子ちゃん、やっぱり殿様、この間からなんか……」 そして茉…

『侍戦隊シンケンジャー』感想26

◆第三十九幕「救急緊急大至急」◆ (監督:加藤弘之 脚本:小林靖子) アクマロが謎の儀式を行うと黒い灰が降り注ぎ、それを浴びた人々は突然、異常なまでの猜疑心に心を支配されてしまい、相争うようになってしまう。 「ふふふふふ。我が術もこれでなった。…

『侍戦隊シンケンジャー』感想25

◆第三十八幕「対決鉄砲隊」◆ (監督:加藤弘之 脚本:小林靖子) 年に一度、妻の命日に休みを取り、墓参りに行く彦馬。その際に、外道衆の戦いに巻き込まないようにと、丈瑠を育てる事になってから離れて暮らしている娘夫婦と孫に、それとなく顔を合わせるの…

『侍戦隊シンケンジャー』感想24

◆第三十七幕「接着大作戦」◆ (監督:竹本昇 脚本:石橋大助) 関西弁のアヤカシが街で大暴れし、出陣するシンケンジャーだが、アヤカシの妖術・モチツブテにより、青と緑の両手が繋がってしまう。 「わいを倒さな、おまえら一生そのまんまやでぇ」 金色の奇…

『侍戦隊シンケンジャー』感想23

◆第三十六幕「加哩侍」◆ (監督:竹本昇 脚本:大和屋暁) シンケンジャーの5人がゴールド寿司を訪れ、注文を悩むことはに、お兄ちゃん風を吹かせてみる源太。 「何が食べたい? なんだって作ってやるから、言ってみな」 「なんでも?」 「あ〜、なんでもだ…

『侍戦隊シンケンジャー』感想22

◆第三十五幕「十一折神全合体」◆ (監督:長石多可男 脚本:小林靖子) かつて流ノ介が親友・新太郎と企画した若手歌舞伎会の公演が近づき、歌舞伎に打ち込んでいた過去を思い出す流ノ介。 (すまん……) 流ノ介が侍の招集を受けて歌舞伎界から姿を消した事で…

『侍戦隊シンケンジャー』感想21

◆第三十四幕「親心娘心」◆ (監督:長石多可男 脚本:小林靖子) 長石多可男スペシャル回来たーーーーー。 2話ほど参戦していたという話は知っていたのですが、ここでしたか。 志波家を茉子の父にして、先代シンケンピンクの夫である衛(まもる)が訪れる。…

『侍戦隊シンケンジャー』感想20

◆第三十三幕「猛牛大王」◆ (監督:中澤祥次郎 脚本:小林靖子) 牛折神は初代シンケンジャーよりもっと前に作られた折神、という言及が外道衆からあり、先にモヂカラありきであった、と前回に引き続いて背景設定の情報が幾つか。 とするとシンケンジャーの…

『侍戦隊シンケンジャー』感想19

◆第三十一幕「恐竜折神」◆ (監督:中澤祥次郎 脚本:小林靖子) 注目は、「カードゲームに殿も家臣も無いわふははははは!!」と、容赦なく殿を追い詰める彦馬。罰ゲームの顔の落書きを見る限り、ゲームに弱いのが、流ノ介、殿、ことはで、ずる賢いのが、姐…

『侍戦隊シンケンジャー』感想18

◆第二十九幕「家出提灯」◆ (監督:加藤弘之 脚本:大和屋暁) ダイゴヨウが源太の寿司の握り方に駄目出しを行い、売り言葉に買い言葉の末に、源太がダイゴヨウに解雇を通告。前回の今回でクビにされた提灯は、空を飛んで家出してしまう。 「飛べるのか……」 …

『侍戦隊シンケンジャー』感想17

◆第二十七幕「入替人生」◆ (監督:竹本昇 脚本:小林靖子) 前回、色々あったけど、やっぱりあちきは外道、と自分探しの旅に決着をつけた薄皮太夫だが、それはそれとして酔っ払いの相手をするのは面倒くさいなー、と出社拒否。三途の川には戻らず姿を消して…

『侍戦隊シンケンジャー』感想16

◆第二十六幕「決戦大一番」◆ (監督:中澤祥次郎 脚本:小林靖子) 疲弊した丈瑠に迫る十臓。 「次に会った時と言ったのはそいつだ」 あ……それ優先なのか(笑) 確かに筋は通っていて、ぐうの音も出ません。 若干、殿が疲れている所を通りすがった感もありま…

『侍戦隊シンケンジャー』感想15

◆第二十五幕「夢世界」◆ (監督:中澤祥次郎 脚本:小林靖子) 「ひっさびさに来たなぁ……姐さんの手料理」 「油断していた! まさか、ここで」 「殿、後の準備は整っております。どうぞ、心置きなく」 彦馬の命令で、たんかと薬箱を用意する黒子達(笑) 先…

『侍戦隊シンケンジャー』感想14

◆第二十四幕「真侍合体」◆ (監督:渡辺勝也 脚本:小林靖子) 前回のあらすじをダイジェストで見るとやはり、殿が食い意地張っていたせいで罠にはまったように見えます(笑) 十臓にさらわれた殿は、どうして十臓が知っているのかわかりませんが、外道衆の…

『侍戦隊シンケンジャー』感想13

◆第二十三幕「暴走外道衆」◆ (監督:渡辺勝也 脚本:小林靖子) 夏――それは全てが輝いて見える季節。 という事で盛り上がっている血祭ドウコクのアップと咆吼からスタート。 微妙に、アル○ール中毒の禁断症状に見えない事もなくて困る。 物語の開始当初から…

『侍戦隊シンケンジャー』感想12

◆第二十一幕「親子熊」◆ (監督:加藤弘之 脚本:小林靖子) 源太が通りすがりの仮面ライダーを追って奪われた烏賊折神を探し回っている頃、ディエンド似のアヤカシが現れてナナシ軍団を街へと放つ。揃い踏みしたシンケンジャーがあっさりと蹴散らすが、妙な…

『侍戦隊シンケンジャー』感想11

◆第十九幕「侍心手習中」◆ (監督:竹本昇 脚本:小林靖子) OPマイナーチェンジで、ゴールド追加。 モヂカラの研究中に、折神は文字のプログラムのようなもの、と気付いた源太は、自作の折神――海老折神を披露。源太登場回からイカと一緒に水槽に入ってい…

『侍戦隊シンケンジャー』感想10

◆第十七幕「寿司侍」◆ (監督:諸田敏 脚本:小林靖子) 殿、アピール度満点の斬Tシャツ。 アヤカシの反応に出陣する5人だが見つける事が出来ず、屋敷に戻ると「近日見参」と書いた矢文が打ち込まれる。更に殿が何かの気配を感じ、1人でゴロゴロ転がって…